緑内障改善エクササイズ〜緑内障を治す方法〜

緑内障と診断され眼圧が下がらない。視野狭窄の進行が止まらない。失明はしたくない。緑内障予備軍だと医者から言われた、最近視界が暗くなった気がする、そんなあなたのお悩みを解決する改善率90%以上の緑内障改善エクササイズ。

緑内障改善エクササイズはどういうものなの?

 

緑内障とは、視神経乳頭変化、またはそれに対応する緑内障障害を認める慢性の病気になります。

 

理解し易く言い方を換えるなら、視神経の形に異常を来たし視野障害が発生する病気で、段々と症状が酷くなって行き、そのままにして改善する病気では御座いません。

 

お医者さんからは、「緑内障は大半の人が、点眼薬で一生コントロール出来ます」と伝えられるみたいですが、あいにくですが日本における失明理由の第1位が緑内障による失明なのです。

 

点眼薬で治療をしたところで、眼圧のコントロールが上手く出来ないケースでは手術になるのですが、ポピュラーな手術はレーザーも入れて3種類御座います。

 

いずれのやり方も線維柱帯(房水のフィルター)に働きかけ房水(目の中で回っている水)の流れを改善して眼圧を下げるのが目的になります。

 

最初にレーザーによる「SLT線維柱帯形成術」という名の手術方法ですけども、レーザーで線維柱帯をキレイにして、房水の流れを改善する事によって眼圧を下げるやり方になります。

 

レーザーによる手術ですから、簡単で安全な様に感じるかもしれないのですが、こちらの手術はお医者さんの中でも賛否が2分されます。

 

と申しますのは、諸説あるのですが、今の所どうしてレーザー照射で線維柱帯の目詰まりが治るのか仕組みが明らかにされていないからなのです。

 

加えてこちらの治療で眼圧が下がる可能性は60パーセント〜80パーセントで、数年間治療効果をキープできず、その平均は5年と伝えられております。

 

続いて「隅角線維柱帯切開術」になりますが、房水のフィルターの詰まっている一部分を切開して、房水の流れを改善する事によって眼圧を下げるやり方になります。

 

ラストに「隅角線維柱帯切除術」ですけども、目の外から穴を開けて防水を外に出して、眼圧を下げるやり方になります。

 

「隅角線維柱帯切開術」も「隅角線維柱帯切除術」も平均すると1週間から10日間の入院が求められます。

 

また、両方の手術も長期的な効果がそれほど見込めなくて、わずか数年で眼圧が手術前に戻ってしまって、再手術が求められるケースが沢山あります。

 

上記の事を考慮すると、点眼薬や手術だと眼圧を下げ続ける事は不可能なのです。

 

また、眼圧を下げる事が出来なかったら緑内障の進行を食い止める事は出来ず、その先には失明という辛い現実を迎えます。

 

「点眼薬を使っているが、眼圧は上がる一方です…」「手術を推奨されていますが、決断できないでいる…」「失明してしまうのでは無いか…」

 

貴方様も、こういった気持ちになった事はありませんか?

 

緑内障とは「目の成人病」と言われ、比較的中高年に発症することの多い病気でした。

 

現在は40歳以上の約17人に1人が緑内障だと伝えられておりますが、自分で感じる症状がほぼ無い事から、現実には更にたくさんいると考えられます。

 

また、私が「割かし中高年に起こる事の多い病気でした」と申し上げたのには理由があるのです。

 

と申しますのも緑内障は、段々と若年齢化の傾向にあって、危険性が大きいからです。

 

その要因として考え得るのは、ライフスタイルにおける目の酷使とステロイド剤による薬害になります。

 

家庭や会社にPCが普及して、1日のほとんどをPCの前で生活する事によって、過去の時代からは想像が出来ないほど目を酷使する毎日を過ごしているからなのです。

 

加えて、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、花粉症等の増加に伴って、ステロイド剤を使う方がかなり多くなっています。

 

アトピー性皮膚炎においては、ステロイド剤の服用や、軟膏を使うケースが殆どだと思いますし、花粉症等においてはステロイド点眼薬を使うケースもあるのです。

 

そういったステロイド剤の使用から、現実に緑内障になってしまうケースが報告されておりますから、今後は一段と緑内障の患者数は多くなる事が想定され、若年齢化の可能性があります。

 

現実に近頃は10代、20代の若い人が、その他の眼病で眼科を受診し、偶然検査をしたら、「緑内障予備軍」と診断される事が増えてきているのです。

 

緑内障はそのままにすると視野欠損が進行して、挙句には失明してしまうのですが、急性緑内障以外の緑内障は、10年から20年の長い年月を経過して失明に至るのです。

 

これまでの緑内障の傾向だと、40代位から自分自身でも気づかない間に発症して、自分で感じる症状が見られるのは、5年から10年後の視野欠損が相当進んでからになってしまいますから、仮にその人が失明に至るとしましても、70代や80代になっている確率が高いと考えられます。

 

従って、現実に緑内障で失明に至るのは、ご年配の人が遙かに多く、失明に至る前に天寿を全うされた人も沢山おられたと思います。

 

しかしながら今後は、現役バリバリの若い人の失明も、珍しい事では無くなって来ると思っています。

 

実際の調査結果においても、1990年の調査結果だと、日本の失明理由の2位が緑内障で13パーセントだったのですが、2002年の調査結果においては、日本の失明理由の1位が緑内障で24パーセントだったのです。

 

残念な事に緑内障で視力を失くす人が多くなってしまっています。

 

若い現役バリバリのトラックの運転手さんが、緑内障による視力低下の影響で運転免許証の更新が行なえず、泣く泣く仕事を失ってしまうケースや、結婚前の女性で、緑内障が進み、恋人への負担を考えて結婚を取り止めたといったケースも出て来ている位です。

 

医療が進んだ現代において、新たな点眼薬が作られ、新たな治療法が考えられていても、現代人の目の疾患が多くなり、弱くなる早さに、西洋医学は一切追いつく事が出来ません。

 

そういった現実の中で、緑内障で深刻に苦しんでいる人が、非常にたくさんいたからこそ、私は今回の「緑内障改善エクササイズ」を作り上げました。

 

元々、緑内障はちゃんとした知識だけ持っていたら、どういったタイプの緑内障であっても、治す事が出来ます。

 

緑内障改善エクササイズの公式サイトはこちらから

 

「身内に緑内障の患者がいるから、遺伝だ…」「歳が歳なのでどうにもできない…」

 

仮に、貴方様がこういう風に感じているのであれば、大きな誤解をしていると思います。

 

実を言いますと緑内障と言うのは、遺伝や歳と無関係に、進行をストップする事も、治す事も出来ます。

 

緑内障が治らない要因として考えられるのは以下の2つになります。

 

緑内障になってしまう真の要因が分からないから

 

対症療法に頼り切った治療を行なっているから

 

緑内障が治らない要因はここにあります。 けれども、殆どの人はこの事実を存じ上げておりません。

 

貴方様の周囲の方に確認して頂きたいと思います。 「緑内障になる要因が分かりますか?」と…。

 

大半の方が「加齢や遺伝でしょ?」と回答すると思います。 しかしながら、真実は違うのです。

 

遺伝や加齢の所為だと断念してしまう事によって、「一生の視る視産」である目を守る事が不可能になってしまいます。

 

こちらの事実を踏まえて、もうちょっと詳しくお話しして参りたいと思います。

 

良く、ご家族やご両親が緑内障だからといって、緑内障が遺伝したと感じている人もたくさんいるみたいですが、それは緑内障自体が遺伝したのでは無く、緑内障に見舞われ易い体質が遺伝しています。

 

加えて体質は遺伝要素だけのものではないのです。

 

環境要素に大きく起因するので、同じ環境で暮している家族は、同じ病気や症状が起こる事が多くあります。

 

例をあげると、夫婦で糖尿病になってしまう、親子でアレルギー性鼻炎になってしまう、兄弟でアトピー性皮膚炎になる等が挙げられます。

 

それは遺伝したのでは無く、同様の食生活、同様のライフスタイルなので同じ病気になります。

 

今しがたもお伝えしましたが、緑内障とは、視神経の形に異常を来たし、視野障害が発生する慢性の病気になります。

 

ではどうして緑内障に見舞われてしまうのでしょう? それは血流障害になります。

 

血流障害が発生する事により、目の周囲の眼筋、網膜、視神経が弱まり、房水のバランスが失われて眼圧が上がり、視神経を傷つけ視野が狭くなって行きます。

 

従って、血流障害を治す事によって緑内障も良くなります。

 

それを実現するには、人間の体の情報管理システムを担っている皮膚、心臓をしなやかに働かせるセンサーがある筋肉や、情報伝達のコントロールをしている骨を、一緒に刺激する事によって、エネルギーの流れを正しく整備し、自律神経の乱れをコントロールする事が出来たら、緑内障は良くなります。

 

更に全身運動を行なって、臓器に汗をかかせる事により、更に自律神経は整備され、血流障害を発生させない体が得られます。

 

血流障害を無くし、体全体のエネルギーの流れを活発化して、自律神経の乱れを整えたら、緑内障は良くなります。

 

貴方様もこちらのやり方で緑内障を治してみてはどうでしょうか?

 

「言うまでも無く、緑内障は治したいが…」 確かに、自分自身には出来ないかも知れない…と心配に感じるかもしれないですね。

 

しかしながら、心配いりません。 今までに30000名を超える目でお困りの人たちを助けて来た、実績十分なやり方を全てお教えさせて頂きます。

 

こちらの「緑内障改善法」に難しい部分は一つも御座いません。 6歳のお子様から88歳のご年配の人に取り組んで貰えたやり方になります。

 

緑内障で苦しんでいる貴方様の為に、こちらの「緑内障改善法」を、簡単で、とても理解し易く、実演と説明付きのDVDにさせて頂きました。

 

 

緑内障改善エクササイズの内容を少しだけご紹介します。

 

目の仕組みと緑内障の原因をしっかりと理解する

 

貴方様は病院で緑内障に関してしっかりした説明して貰いましたか?

 

目のメカニズムと緑内障の要因をちゃんと分からなければ緑内障は治りません。

なぜ緑内障を改善できるのか?

 

西洋医学においては緑内障は治らない病気になります。それは対症療法による治療だけしか行わないからなのです。

 

日本リバースにおいては中医学を使って30000名を超える患者様の「視産」をお護りした実績があるのです!

ステロイド剤はなるべく使用しないで!

 

ステロイド剤を使うと言う事は、緑内障の進行の手助けをするみたいなものです。

 

可能な限りステロイド剤を使用しない様にする事が、緑内障改善の最初の一歩になります。

眼圧をコントロールする方法とは?

 

「緑内障改善法」に取り組む事によって、血流障害が良くなり、房水のコントロールが出来る様になって、眼圧をコントロールする事が出来ます!

あなたの緑内障を進行させる血流障害を改善する方法とは?

 

長年の経験と研究を積み重ねる事によって確立し、30000名を超える「視産」をお護りして来たやり方になります。

 

目の他にも体全体のトータルケアとしてご家族で取り組んで頂きたいと思います!

脳に刺激を与え内臓を活発化する

 

皮膚と血管、筋肉を一緒に揉み解す事により内臓を活性化して戴けます。

美容にも効果的!肩こり・冷え性・クマ・たるみも解消

 

体全体への徹底的なアプローチによって健康的で若々しい体を手にする事が出来るのです。

視力回復も同時に出来る

 

緑内障の人は緑内障の進行と一緒に視力も下がって行ってしまいます。

 

従ってこちらの「緑内障改善法」は視力も回復出来るトレーニング内容になっております。

 

緑内障以外の目でお困りの人もこちらのやり方に取り組んで貰う事によって視力回復が出来ます!

お風呂で実践!6秒で出来る眼筋トレーニング

 

入浴中は血行が良くなりますからトレーニングには極めて良い環境になります。

 

筋肉繊維の特徴を活用して6秒で眼筋をトレーニングするやり方もご案内しております。

なぜ継続して実践できるのか?

 

緑内障は一生付き合って行かなくてはいけない病気になります。

 

その為に「緑内障改善法」を確立しましたから、続けて取り組んで貰い易い内容に致しました。

 

TVを見ながら、仕事の合間に、入浴後等、ちょっとした時間を上手く使って取り組んで頂きたいと思います。

自分の目は自分で守る!

 

「緑内障改善法」は貴方様自身が、自分自身で、ご自宅や会社であっても取り組めるやり方になります。

 

目は大事な「視産」。貴方様の目は、貴方様自身が守って行ってください。

 

緑内障改善エクササイズの公式サイトはこちらから

 

以上の事を押さえてもらう事によって、貴方様の緑内障は良くなり、失明の恐怖との闘いを終わらせ、活き活きとした生活を送る事が出来ます。

 

今後「失明してしまう」と自暴自棄になる事も、検査の度に数値が悪化するのを気にして、真綿で首を絞められる様な苦しい思いをせずとも改善され、仕事や趣味にも率先して取り組む事が出来ます。

 

緑内障で失明を怖がりながら暮らしていく人。

 

緑内障改善に率先して取り組み明るくポジティブに生活する人。

 

その違うところは上でお話ししたやり方を存じ上げているか、存じ上げていないか。 それだけの違いなのです。

 

要するに、正解だ知識だけあったら、手術を推奨されている様な緑内障であっても治す事が出来ます。

 

貴方様も3日間、1週間、2週間と取り組んで行く間に、いつの間にか「あらっ…目が軽くなった…」と感じると思います。

 

目が見えるのと見えないのとでは人生が違ってきます。

 

貴方様には一生自分自身の目で大切な方の笑顔を見ていて頂きたいと思います。

 

貴方様からも、貴方様を支える大事な方からも笑顔が消える日が訪れない様に…。

 

 

緑内障改善エクササイズの良くある質問について

 

こちらのエクササイズの成功率を教えてほしいです。

目のお悩みにつきましては、3万人を超える患者様に施術をして、大半の患者様の視力を治して参りました。

 

成功率としましては90パーセントをオーバーしておりますが、正確に実証されたのは、2時間のセミナーで、その場での視力アップという条件の下、88.8パーセントでした。

こちらのエクササイズに取り組んで効き目が現れるまでの期間は?

効き目には個人差が見られ、目の周辺の環境や、ご自身の既往歴次第でも変わってはくるのですが、早い人ですと1回でも効き目を体感して貰えると思います。

エクササイズに取り組んでも効き目が見られない人とはどういった人でしょうか?

やる気のない人、速い効果を望んで直ぐに断念してしまう人には効き目は無いでしょう。

 

続けて取り組む事が重要なのです。

こちらのテクニックに巡り合ったきっかけはあるでしょうか?

施術に来られた網膜色素変性症で視力が0.01だけしか無い症患者様が困っておられましたから、色々な有名な眼科医をご案内したのですが、新しい眼鏡を勧められるだけで視力が良くなりませんでした。

 

それがきっかけで目の疾病を改善するテクニックの研究を行ない始めて、こちらのやり方を作り上げたのです。

こちらのテクニックを作り上げるまでの失敗談はあるでしょうか?

研究を開始した頃は、目の周辺だけに施術しておりましたが、効き目が見られるまでに時間を要し、あれやこれやと研究を積み重ね、自律神経、臓器との関係を含めて、体全体をまとめてケアを行なう事が真の改善に結び付くと感じたのです。

こちらのテクニックを発見して嬉しかった事はあるでしょうか?

日本各地から緑内障を諦めてしまった患者様が、心配そうな表情で、藁をも掴む思いでお越しになるのですが、施術後に全然違う目の環境に喜んで、笑顔になった時、その笑顔を目にするのが凄く嬉しい気持ちになります。

こちらのエクササイズのデメリットは?

即効性を求めている方には良くない印象があるかもしれないですが、ノウハウを真面目に取り組まないと効き目が現れない所だと思います。

いままでにどの程度の人数の患者様を診て来られたでしょうか?

合計すると10万人以上で、目の治療ですと3万人以上施術をしております。

 

 

緑内障改善エクササイズ販売者からのメッセージ

 

これ程まで目を通されても、まだ自分自身の緑内障が治るのか心配な事と存じます。

 

確かに、今まで長い間緑内障で頭を悩ませ続けていたというのに、突然緑内障が治せると伝えられても、信用出来ないし、想像も付かないと思います。

 

今しがたもお話ししましたが、貴方様にも緑内障を治せる3つの理由があります。

 

一つ目は、こちらの「緑内障改善法」によって、88.8パーセントの人が一度の施術で視力を改善した事実。

 

二つ目は、こちらの「緑内障改善法」は特殊な道具や技術は全く要らないと言う事。

 

三つ目は、アイトレーナー師 今野清志がオリジナルで作り出した、完全オリジナルなここだけにしか無いやり方であるという事。

 

以上の3つの理由が、貴方様が緑内障を治せる理由になります。

 

眼圧が下がらないと頭を悩ませ続ける方。 自分自身で眼圧をコントロール可能な方。 その違うところは歳を重ねたからでも、遺伝の影響でもないのです。

 

ただ単にライフスタイルの中で、「緑内障を治す為に何を行なっているか」これだけの違いなのです。

 

7日間チェックして貰えたら、その有効性を貴方様にも感じてもらえると思います。 どうか、一度トライして頂きたいと思います。

 

今、緑内障で深刻に苦しんでいる人はかなり大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

 

ラストまでこちらのページにお付き合いいただいた貴方様も、その中のお一人なのかもしれないですね。

 

しかしながら、緑内障を絶対に諦めないで頂きたいと思います。 緑内障は放って置くと、進行して視力が見る見る下がってしまうのです。

 

治療を行なう事が重要なのです。 緑内障改善のきっかけに、自分自身を信じてエクササイズを続けて頂きたいと思います。

 

絶対に最高の改善結果が現れるでしょう。 私が自信たっぷりに推奨させて頂きます。

 

緑内障改善エクササイズの公式サイトはこちらから